小輪(しょうわ)

このブログが、人と人を繋ぎ、小さな輪ができますように!移住者、少数派、大歓迎。

30代の頃の私へ・2

 夫婦仲は冷え込む一方  の続きから。

 

 苦学の甲斐あって、准看から正看に昇格した夫は仕事が増えた。だが、笑顔と自宅滞在時間が減った。

帰宅するや否や カバンと弁当箱を放り投げて、パチンコと釣り三昧。ドクターとの付き合い?でたまにゴルフ。

 

 釣り道具やゴルフ道具が徐々に増えたのを不審に思ったけど、「先生にもらった」とか「パチンコで稼いだ」とか言われたから素直に信じていた。 なんのこたない、サラ金闇金に手を出していたのだ

 

 残された妻は、看護学校卒業して資格取得したから昇給を楽しみにしていたのに… 家に入れる金は今まで通り7万円。奨学金返済があるというけれど、具体的に 年間いくらなのか書類を見せてくれない病院からの給料明細書も見せない。口やかましくいって、やっと見せたのは勤務表のみ。

 

 死者を鞭打つのは良くないことだけど、妻が素直すぎるのはもっと良くないことなので、今は鬼になってあなたに言う!

 夫の様子がおかしいとき、家族の一員としてらしからぬ行動をとるときは、追及しなさい!!夫婦とはいえ、ケータイやカバンをみたら犯罪なのかな、でも止むを得ないときだってある。闇金から虚偽の借金返済の電話(固定電話にもケータイにもかかってくる)、セフレの看護師ちゃんやアダルト業者からのメール。

 悪の芽はたたっ切れ!! 

 

 

 

 で、身も心も懐も(職を転々として微収入はあったけど)寂しい私は

どうしたかというと…  続く